自己破産について考えてみよう。


自己破産の生き方

任意整理って?

借金をすると自己破産!なんてイメージがついているかもしれませんが、絶対に自己破産は嫌!自己破産だけはしたくない!と自己破産に抵抗を持っている方もおおいですが、借金をなくするには自己破産だけが最終手段と言うことではありません。その他にも借金をなくする方法はいくつかあります。ここでは、借金を整理する任意整理についてご紹介していきます。

自己破産をする時には裁判所を利用して借金をなくすことになりますが、任意整理は裁判所を利用せずに司法書士や弁護士といった法律のプロに任せます。その法律のプロの人たちによって借金をどうしていくかなどを直接、借金をした金融会社などと交渉をしてくれるのです。任意整理がどういったものなのかというと、自己破産まではいかなく、借金がいつまでたっても終わらない・・・という場合に利息などを専門の人が計算をして、借金を減らしていくという債務整理方法です。元金よりも利息を減らすかもしくは0にするかのどちらかで、借金を減額していきます。そういった利息などを計算するのはもちろん自分では出来ないですよね。なので、任意整理の出来る専門の人にお願いをして、借金をした金融会社に「利息を減らして、減額してください〜」などといって和解交渉をしてもらいます。これが任意整理というものなのです。任意整理をすると通常はその返済期間は約3年から5年で返さなければいけません。この任意整理が行えるのは司法書士や、弁護士などといった専門の人達だからこそ出来る借金整理=任意整理方法なのです。

任意整理を実際に行なった場合に、専門の人に任せます。そうすると受任通知といった通知が借金をした金融会社に届くと取り立てはなくなります。これも自己破産同様に法律上取り立てをすることは禁止されています。もちろん任意整理は自分でやろうと思えば出来ます。でも、自分や親族などで交渉をするとなると、任意整理について深い知識が無い限り、取り立ても直ぐにはやむことはないのが現状のようです。なのであまり、自分で任意整理をするのはオススメできません。自分だけのチカラじゃ任意整理は出来ないってことですね。また、自分で交渉に行くとなると、話を聞いてくれない業者がほとんどだと言われています。そういったこともあるので、任意整理については自分でするよりも任意整理の出来る司法書士や弁護士といった専門の人に任せた方が無難でしょう。そのほうがいいと私は思います。

また任意整理をすると、これからの生活に支障のないように、どう支払いをしていくいいのか、毎月の返済はどれくらいで出来るのかなどを計画を立てなければいけません。借金だけに頭がいっぱいいっぱいになってしまって、生活が苦しくなるようじゃ任意整理の意味がありません。きちんとした計画を立てることが大切です。任意整理のメリットというと自分で手続きなどをしなくてすむので、裁判所などにも行く事もありません。また、任意整理の場合も、自己破産と同様にブラックリストに名前が載ってしまいますが、近所の人や会社の人に知られ ることはありません。のでご安心下さいッ!自己破産はしたくない!という人は、任意整理を考えてみるのもいいと思います。

pickup

最終更新日:2016/9/30